ラトックスシステム

酒造り3工程
(麹・酒母・もろみ)に特化した
もろみ日誌TM

  1. TOP
  2. サービスを探す
  3. もろみ日誌
  • 記録の自動化
  • 遠隔で状況把握
  • 手書きからの解放

酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」は、
酒造3工程(麹/酒母/もろみ)の
品温管理を支援するシステムです。
品温を自動計測し、その計測値やグラフを
どこからでも確認。
帳票印刷にも対応、現場負担を軽減します。

  • 品温
    センサー
  • Windows
    アプリ
    「もろみ日誌」
  • スマホアプリ
    「もろみ日誌」
  • 品温を自動計測
  • 事務所パソコンに記録・表示
  • 外出先外からスマホで確認

酒造現場の課題を
もろみ日誌が解決

1 日数回のもろみの温度確認や昼夜に渡る製麹の温度確認が大変
PC への入力の記録や帳票作成などにかかる手間を減らしたい
培ってきた勘と経験を見える化し、若手に継承したい

もろみ日誌で人手不足杜氏の高齢化新しい働き方に備えた取り組み

IoTで業務を効率化、
新たな酒造りに挑戦

Point1
負担軽減

今まで手書きでおこなっていた、品温の記録や帳票作成を自動化。
作業や巡回を減らせるだけでなく、作業漏れ・ミスの削減にもつながります。

Point2
酒質の安定化

品温が指定範囲を超えたときは、スマホにアラートを通知。状況の変化を迅速に把握できます。
PCでは目標値や過去グラフと今の仕込みを比較し、酒造りに活かします。

Point3
技術継承

今までベテランの経験や勘に頼っていた部分を見える化。
酒造3工程の事績データを蓄積し、若手の人材育成、技術継承に役立てます。
現場で仕込みデータをみせながら、技術指導もおこなえます。

酒造りに集中できる環境づくり

酒は人の手で造るものではありますが、機械に任せられるところは任せて負担を低減。
もろみ日誌で人にしかできないところに作業を集中し、働きやすい環境へ。

01
自動で品温を計測、監視する
  • 酒造り3工程の品温をいつでもどこでも確認
  • 品温が指定の範囲を超えたときおしらせ
02
事績データを記録する
  • 品温と室温を自動で記録
  • 櫂入れ後ボタンを押して記録
  • 状ぼう写真を撮影して記録
  • 分析値を入力
03
グラフをみる、比較する
  • 関連グラフを表示して比較や確認、もろみなら
    BMD 曲線や AB 直線のグラフ表示も可能

過去のデータと比較

AB直線

04
帳票を印刷する
  • 酒税法の記帳事項に対応した帳票を印刷
  • もろみの帳票では製成歩合を自動で算出
もろみ日誌の紹介動画を見る

導入までの流れ

一部のタンクや工程で運用をスタートし、あとで追加導入いただくことも可能です。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ 弊社より回答の上、販売代理店をご紹介いたします。
案内/ヒアリング使用するタンク数など、実際の運用で必要となる機器構成を確認させていただきます。
見積提示ヒアリングの内容に基づいて、見積を提示させていただきます。
ご発注納期は通常1ヶ月程度です。
導入/設置/運用マニュアルに沿ってセットアップをおこないます。
別途有償でによる設置や使い方レッスンも承ります。
保守・サポートお寄せいただいたお客様の声は、改善に活用させていただきます。

よくある質問(FAQ)

もろみ日誌の導入にかかる費用、運用コストはどのくらいですか?

導入費用は、規模(センサーの台数や種類)によって異なります。例えば、タンク5台に設置する場合は、45万円程度となります。 設置やセットアップはお客様自身でおこなっていただきますが、別途お見積りでがすぐにはじめられる状態にいたします(目安として、上記の例では約5万円+交通費)。
運用にかかるコストは、センサーおよびスマホの台数に関係なく1ID(パソコン1台)あたり10万円/年(税別)となります。ダウンロード資料で、導入ケースごとに例をいくつかご紹介しています。

センサーで自動計測できるデータは?

品温、室温を自動計測します。麹では10分ごと、酒母ともろみは1時間ごとに計測します。2点計測対応の品温センサー使用の場合は2点の品温を同時に記録します。

自動計測のほか、アプリでリモート計測したり、センサー本体で櫂入れ温度の計測と記録をすることも可能です。詳細はダウンロード資料でご確認ください。

資料ダウンロード

資料ダウンロードはこちら