ラトックスシステム

酒造り3工程
(麹・酒母・もろみ)に特化した
もろみ日誌®

  1. TOP
  2. サービスを探す
  3. もろみ日誌
  • 記録の自動化
  • 遠隔で状況把握
  • 酒質の安定化

酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」は、
酒造3工程(麹/酒母/もろみ)の
品温管理を支援するシステムです。
品温を自動計測しクラウドに保存。
どこからでもグラフやデータを確認できます。
帳票の生成と印刷に対応、温度調節器との連携で、現場負担を軽減します。
酒造りのために設計したもろみ日誌で、
分析値含めた事績をデータ化、技術継承に役立てます。

  • 品温
    センサー
  • Windows PC
    「もろみ日誌」
  • スマホ
    「もろみ日誌」
  • 品温を自動計測
  • 事務所パソコンで確認、事績管理
  • 外出先外からスマホで確認

酒造現場の課題を
もろみ日誌が解決

1日数回のもろみの温度確認や昼夜に渡る製麹の温度確認が大変
PC への入力の記録や帳票作成などにかかる手間を減らしたい
培ってきた技術と経験を見える化し、若手に継承したい

もろみ日誌で人手不足高齢化衛生管理新しい働き方に備えた取り組み

IoTで業務を効率化。
酒造りの事績データを価値ある資産に。

Point1
記録と帳票を自動化、現場の負担を軽減

品温の記録や帳票作成を自動化。
作業や巡回を減らせ、作業漏れ・ミスの削減にもつながります。

Point2
スマホで遠隔監視、酒質を安定化

品温グラフをスマホで確認。異常時は通知受信。変化を迅速に把握できます。
スマホから温度調節器の設定温度が変更可能(2021年秋対応予定)

Point3
目標や過去と比較、酒質を安定化

品温ほか、BMD曲線やAB直線、原エキスの表示に対応。
目標値や過去と比較し、酒造りに活かせます。

Point4
データ蓄積で可視化、技術を継承

経験や技術に頼っていた部分を、データやグラフで見える化。
若手の人材育成、技術継承に役立てます。

酒造りに集中できる環境づくり

酒は人の手で造るものではありますが、機械に任せられるところは任せて負担を低減。
もろみ日誌で人にしかできないところに作業を集中し、働きやすい環境へ。

01
品温を計測する
  • 定期的に品温/室温を自動計測
  • 手動計測も可能
02
事績データを記録する
  • 計測値は自動でクラウドに記録
  • 2点計測では2点と平均値を記録
  • 櫂入れ温度を手動計測して記録
  • 分析値を手入力
  • CSV出力(自動計測値・分析値)
  • スマホで状ぼう写真を記録
03
スマホで品温を監視する
  • 品温が設定範囲を超えたら通知
  • 品温や分析値をグラフで確認
  • アプリから品温計測が可能
  • 制御タンクの遠隔操作(予定)

通知画面

グラフ表示画面

04
帳票を印刷する
  • 帳票は酒税法の記帳事項に対応
  • 記録データを自動適用
  • 製成歩合の自動計算
05
グラフをみる
  • 品温・室温・湿度・分析値をグラフ化
  • BMD値、AB直線、原エキスの自動計算、
    グラフ化

原エキス

AB直線

06
グラフを比較する
  • 過去仕込みを手入力しグラフ比較
    ・もろみはBMD、原エキス、品温を比較
    ・酒母は品温を比較
  • BMD・AB直線の目標値を設定

複数端末でフル機能が使用可能

もろみ日誌はデータベースをクラウド上に構築、
複数の端末から分析値の入力や事績の参照がおこなえます。
どこにいても、もろみ日誌の機能をフルに活用できます。

冷却水制御でもろみの品温管理を自動化、
温度を遠隔から監視/制御。

もろみの品温管理をおこなう機器ともろみ日誌が連携。
対応機器の運用のしやすさを損なうことなく、品温の自動記録をプラス。
もろみ日誌なら、品温管理から事績管理、帳票印刷まで一貫しておこなえます。

【品温管理機器については、各メーカー様にお問い合わせください】
デジタル式電磁弁サーモセット(第一工業株式会社のサイトへ)
樹脂ライニングタンク型クーリングタンク(株式会社NYK西日本のサイトへ)


\機器との連携は、もろみ変換ユニットを追加することで実現しています/

導入までの流れ

一部のタンクや工程で運用をスタートし、あとで追加導入いただくことも可能です。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ 弊社より回答の上、販売代理店をご紹介いたします。
案内/ヒアリング使用するタンク数など、実際の運用で必要となる機器構成を確認させていただきます。
見積提示ヒアリングの内容に基づいて、見積を提示させていただきます。
ご発注納期は通常1ヶ月程度です。
導入/設置/運用マニュアルに沿ってセットアップをおこないます。
別途有償でによる設置や使い方レッスンも承ります。
保守・サポートお寄せいただいたお客様の声は、改善に活用させていただきます。

よくある質問(FAQ)

もろみ日誌の導入にかかる費用、運用コストはどのくらいですか?

導入費用は、規模(センサーの台数や種類)によって異なります。例えば、タンク5台に設置する場合は、45万円程度となります。 設置やセットアップはお客様自身でおこなっていただきますが、別途お見積りでがすぐにはじめられる状態にいたします(目安として、上記の例では約5万円+交通費)。

運用にかかるコストは、センサーおよびスマホの台数に関係なく1ID(パソコン1台)あたり10万円/年(税別)となります。ダウンロード資料で、導入ケースごとに例をいくつかご紹介しています。

敷地内に設置する際の条件は?

センサーとゲートウェイの間の通信方式は、長距離伝送が可能なWi-SUNです。センサーは防水仕様・電池駆動で、電波の届く範囲なら設置場所を選びません。ゲートウェイと中継器は電源がある場所に設置します。

【センサーの最大接続台数】(ゲートウェイ1台あたり)
中継器を使用しない場合:4台
中継器を使用する場合:12台(中継器3台まで、1台の中継器にセンサー4台まで)

【最大通信距離】(センサーゲートウェイ間)
中継器を使用しない場合:見通し500m
中継器を使用する場合:見通し1,000m(センサーと中継器間500m、中継器とゲートウェイ間500m)

【センサー端末とPt100センサーの距離】
約3m

Wi-SUNについて:
920MHz帯を使用する無線規格で、低消費電力でありながら長距離のデータ伝送が可能です。2.4GHzとの電波干渉を起こしにくく、回り込み特性に優れているため、安定通信がおこなえます。

LTE-Mについて:
携帯キャリアのセルラーネットワークを用いた LPWA 規格の1つです。既存のLTE基地局をベースとしたエリアをカバーし、広域で省電力な通信がおこなえます。

センサーに使う電池の仕様は?

単三アルカリ乾電池 3本です。電池推定寿命は約6ヶ月で、電池残量はアプリで確認できます。

電池によって電圧降下の特性は異なります。電池残量が十分であっても必要な電源が供給されない場合、動作不良の要因となります。安定動作のため、品質が確保された電池を推奨しています。

推奨ブランド:パナソニック EVOLTA

センサーで自動計測できるデータは?

品温、室温を自動計測します。麹では10分ごと、酒母ともろみは1時間ごとに計測します。2点計測対応の品温センサー使用の場合は2点の品温を同時に記録します。

自動計測のほか、アプリでリモート計測したり、センサー本体で櫂入れ温度の計測と記録をすることも可能です。詳細はダウンロード資料でご確認ください。

スマホで、品温の確認だけでなく冷却水の調整もしたい。

対応する品温管理機器であれば、設定温度の変更による調整が可能です。対応時期が決まりましたら、サイトにて案内します。

対応予定機器:
第一工業社製デジタル式電磁弁サーモセット(SVS-R25A04)
NYK西日本社製樹脂ライニングタンク型クーリングタンク

自社の酒造向け機器をIoT化したいのですが、対応は可能ですか?

既存の品温管理機器から温度を取得し、無線で飛ばすRS485-Wi-SUN変換ユニットの開発実績があります。IoT対応機器を新規開発するより少ない工数で対応可能です。

もろみ日誌はハードからアプリまで自社で開発するをおこなっています。さまざまな機器やシステムと、ハードウェア変換やクラウド連携、アプリへの取り込みなどによる対応が可能です。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロード

資料ダウンロードはこちら