ラトックスシステム

新着情報

  1. TOP
  2. 新着情報
  3. 「もろみ日誌」クラウド版の品温管理機器との連携を強化

「もろみ日誌」クラウド版の品温管理機器との連携を強化

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府、代表取締役 近藤正和、以下「ラトックシステム」)は、酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌クラウド」アプリをアップデート、品温管理機器との連携を強化する機能を追加しました。

 

遠隔から電磁弁サーモセットやクーリングタンクの温度設定が可能に

酒造現場向けのIoTシステム「もろみ日誌クラウド」は、もろみの品温をセンサーで計測し、定期的にクラウドに記録、スマホで品温確認や通知を受け取ったり、蓄積したデータを活用することが可能です。品温の記録や確認をおこなうための蔵の見回りにかかる負担や記帳義務のある帳票作成の手間を軽減します。
 
もろみ日誌クラウドの大きな特徴として、もろみの品温を冷却水で自動制御する「デジタル式電磁弁サーモセット(第一工業社製)」や「樹脂ライニングタンク型クーリングタンク(NYK西日本社製)」といった品温管理機器との連携があります。当社製の品温センサーで計測したデータだけでなく、これらの機器で計測した品温データの自動記録や遠隔からの確認がおこなえます。
 
この度のアップデートでは、品温モニタリングに加えて「品温管理機器の設定温度の変更」「複数タンクをまとめて接続、IoT化」をサポートしました。本機能により、遠隔からの品温確認から制御までが可能に。スマホで品温を確認し、状況に合わせて品温管理機器の温度設定を変更、経過もグラフで可視化でき、その場にいなくても臨機応変に対応することができるようになりました。

すでに対応機器を導入済みの場合は、機器メーカーの改造によりIoT化が可能で、現在の機器を引き続きご利用いただけます。さらに、ひとつの操作盤で複数タンクの温度設定をおこなっているケースでは、RS-485マルチドロップ接続により一括してIoT化がおこなえます。
 
ラトックシステムでは、今後もパートナー企業との連携を強め、酒造りの現場ニーズに応えたシステムアップデートを継続していきます。

酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌クラウド」について

もろみ日誌クラウドは、酒造3工程(麹/酒母/もろみ)の品温管理を支援するシステムです。品温センサーや品温管理機器から取得した品温を自動で計測しクラウドに記録、その計測値やグラフはどこからでも確認。帳票印刷にも対応、現場負担を軽減します。今回のアプリのアップデートでは、品温管理機器のデータ収集に加えて設定温度の変更にも対応し、さらなる省力化が可能になりました。
 
品温のほか日本酒度やアルコールなど分析値、状ぼう写真を含めた事績をデータ化し、技術継承に役立てます。

関連URL

酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」(ラトックIoTソリューションサイト)
https://sol.ratocsystems.com/service/moromi-diary/
デジタル式電磁弁サーモセット(第一工業株式会社)
https://firstline.jp/product/svs/
樹脂ライニングタンク型クーリングタンク(株式会社NYK西日本)
https://nyk-west.co.jp/products/food-industry/
「食品産業の未来 EXPO ONLINE」出展(2021年10月29日(金)18:00まで開催)
https://exhibition.showbooth.dmm.com/events/food2110/

👆もろみ日誌のご相談はこちら

ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。オンラインミーティングのご希望にも対応させていただきます。
 

 

関連記事

●もろみ日誌と連携!品温管理機器の使い勝手そのままIoT化
●食品産業新聞「醸造技術特集」に第一工業様とラトックのクロスインタビューが掲載されました!
●どこからでも機能をフル活用、酒造向けシステム「もろみ日誌」クラウド版が新登場!
●もろみ日誌アプリを3月に更新、原エキスに対応します

Follow me!