ラトックスシステム

新着情報

  1. TOP
  2. 新着情報
  3. 食品を扱う現場にかんたん導入、HACCP対応の温度管理IoT「ハサレポ」ご紹介

食品を扱う現場にかんたん導入、HACCP対応の温度管理IoT「ハサレポ」ご紹介

食品保管の温度記録と監視をIoTでかんたん自動化HACCP対応温度管理システム「ハサレポ」10月末より発売開始

昨今のコロナ禍で、食品を扱う現場は消毒作業を強化したり密対策に換気したりと、作業者の負荷はますます増しています。

一方、世界各国で義務化が進む食品の衛生管理手法HACCP。日本でも制度化され、いよいよ2020年6月に施行されました。猶予期間が完了する2021年6月までには、食品を扱うすべての業種で体制づくりが不可欠となっていて、管理の記録や帳票作成の負担増が課題となっています。

保管温度の自動記録、帳票作成で現場負担を削減

ハサレポは、HACCPで義務化された温度管理の記録を自動で残すことができるシステムです。

食の安全性を保つ重要な要素、温度の計測から帳票作成までをサポート、自動化により現場の負担を軽減します。冷蔵、倉庫など、食品を保管している場所の温度をセンサーで計測し無線でクラウドに記録、管理者はPC、現場はスマホで温度や記録の確認が可能です。

通知機能で温度異常に迅速対応、食品ロスを削減

見える化のほか、計測した温度が設定した値を超えるとPCやスマホに通知する機能も備えています。警報通知機能は保冷庫の開放や故障の検知、無人環境下の適正な温度把握と管理が可能で、食品ロスの削減にも有効です。

電源を入れるだけのかんたん接続

さらに、本システムは導入のしやすさにも配慮しています。ネットワークの設定は不要、電源を入れるだけで接続が完了。携帯キャリアのセルラーネットワークを用いたLTE-M接続で、Wi-Fiやインターネット環境のない場所にも設置できます。

電池駆動、防水設計の温度センサー

温度センサーには保管温度を計測するサーミスタ2本と室温、湿度を計測するセンサーを搭載。電池駆動、IP67防水設計で、清掃で水がかかる環境でも使用できます。

運用費は通信、クラウド、アプリ更新料込みで年額7万円(税別)

料金体系は、パソコン用アプリのライセンスは通信費、クラウド利用料、アプリ更新料込みで年額70,000円(税別)※2。

ハードウェアは、別途買い切りでの提供となります。今後、ゲートウェイと温度センサーを組み合わせたスターターセットもラインナップに加える予定です。

※1 環境により異なります。
※2 ゲートウェイ1台あたりの価格。ゲートウェイはパソコン1台あたり最大4台まで接続可能。

ハサレポの特長

  1. 保管庫や冷蔵庫の温度を測って無線で送信
  2. 10分ごとに温度を測る「自動計測」
  3. 温度センサー本体の内蔵センサーで室温、湿度も同時に計測
  4. 自動計測したデータを蓄積してグラフ化、印刷も可能
  5. 設定温度範囲を超えたらスマホに通知
  6. 温度センサーは設置しやすい電池駆動(電池寿命約1年)
  7. ゲートウェイ1台に、温度センサーを最大10台まで接続可能
  8. 電源を入れるだけのかんたんセットアップ

 

本システムの詳細は、以下のページをご覧ください。資料がダウンロードいただけます。

 

>>  HACCP対応温度管理システム「ハサレポ」情報

Follow me!